動画を投稿できる形にする




どうも。青海 明空です。

前回までの流れで

無事、カラオケ動画を完成させることができたかと思います。

しかし、ニコカラメーカーが出力した動画は

AVI形式、かつ容量が大きいです。

Youtubeの場合は

  • 容量が2GB以内(解除で128GB)
  • 時間は15分以内(解除で12時間)

ニコニコ動画の場合は

  • 容量が3GB以内
  • 時間は6時間以内
  • ファイル形式はmp4のみ

に収める必要があります。

(ビットレートなどもありますが割愛)

動画を投稿できる形にするためには

エンコードが必要になります。

ここの作業が投稿動画の画質・音質に

大きな影響を与えるのですが…

(本気の方はエンコード師にお願いしましょう。)

とりあえず個人で手軽にできるツール

つんでれんこを用いて動画をエンコードしてみましょう!

スポンサードリンク

動画を追加してみよう

とりあえずエンコードをやってみましょう。

解凍したつんでれんこのファイルの中に

【ここに動画をD&D】.bat

というバッチファイルがあります。

ここに完成した動画をD&Dしてみましょう。

必要なファイルを導入しよう

ファイルをD&Dするとコマンドプロンプトが起動します。

始めて起動した場合、次のように画面が出ると思います。

yを押して必要なファイルを導入しましょう。

その後ファイル移動の画面が出ますので

エンターキーで実行しましょう。

完了後、一度閉じて再度動画をD&Dします。

エンコードの設定をしよう

無事ファイルの導入ができていれば

次のような画面になります。

質問に答えてエンコードの設定をしましょう。

ニコニコのエンコードの設定 “n” は使用できなくなっています。

ニコニコ用にエンコードする場合は “N” を選択してください。

私の普段のエンコードの設定

・YouTubeの場合

質問数:3 (多い)
サイト:y (YouTube)
上限アップ:y (有効)
品質基準:y (有効)
デインターレース:n (無効)
デノイズ:a (おまかせ)
音ズレ処理:その時によって変わる

・ニコニコの場合

質問数:3 (多い)
サイト:N (ニコニコ新基準)
品質基準:y (有効)
デインターレース:n (無効)
リサイズ:n (無効)
デノイズ:a (おまかせ)
音声サンプルレート:0 (元の音声と同じ)
音ズレ処理:その時によって変わる

音ズレ処理については出力した動画を見ながら

いい感じになるように値を変えていきます。

慣れると自分の平均値が分かってくると思います。

*RhythmicaLyricsでも調整可

スポンサードリンク

出力完了!

出力した動画を確認して

音ズレや歌詞のミスが無いか最終確認しましょう。

問題が無ければ後は各投稿サイトに従って投稿するだけです!

まとめ

いよいよあなたの作ったカラオケ動画が世界に発信されます。

(投稿した場合)

最初は不格好でも、唯一の動画なら需要はあります!

自信を持って投稿してください。

コメントや評価があると反省の余地も出てきます。

ここから少しづつ質を上げていきましょう!

 

私のニコニコのページはこちら


以上がカラオケ動画の作り方です。

細かい技術を抜きにして割と簡単に出来たのではないでしょうか。

ここから先の記事は少し上のレベルに行くための情報です。

少し作ってみて慣れてきてから訪れることをお勧めします。

それではまたお会いしましょう。

カラオケ字幕の表現を豊かにして分かりやすいカラオケ動画を作りましょう!