時計塔の下で – 楽曲情報




幸せを願う気持ちだけでも、

一厘のバラのように捧げよう

動画


楽曲情報

81 end ニコニコマイリスト
初音ミク 初音ミク V4X 販売ページ
ましろ piapro

歌詞

僕の手を
振り払うように

君はただ
うしろを向いていた

剥がれ落ち
舞い落ちる木の葉

吹く風に
心さえ揺れた

ふたりが立ちすくむ姿は
一本杉のようだ


このまま立ち去れば
気が済むのか

僕が歩み寄れる
隙もないか

時計の針だけ
回り続けてるよ

夕方の鐘が鳴り響いてる


君の手は
白く透き通る

僕は裾まで
汚れてるよ

抱き寄せるほどの紳士には
到底見えないけど

幸せを願う気持ちだけでも
一厘のバラのように捧げよう

たとえこの身焦がされて
灰と化しても

涙だけは一人部屋の隅で


君の手をとり歩いていた

この道は・・・


風に誘われて
どこかへ消えた

恥じらいも過去の
悲しみさえも

時計の針が止まり
動き出す愛

風に誘われるように抱きしめた

ニコカラ

まだありません・・・

管理人の一言

透き通った音が特徴的な一曲。

多くない音が逆にこの曲の雰囲気を引き立てます。