三平方のハーフウェイ – 楽曲情報




動画


楽曲情報

Guiano ニコニコマイリスト
twitter
piapro
IA IAオフィシャルサイト
玲皇 pixiv

YouTubeはこちらから

歌詞

朝の日が差し少し憂鬱に
今日を捨てると豪語
明日を見ない覚悟も


願わくば静かに消してくれ
後々睨む
「本当は消えたくないよ僕は」

だって なんて
刻む「二度としません神様」

すれ違う互の想い
僕はどうすればいい?
明日にも向かえないよ

まだ まだ まだ まだ紡ぐ
切り裂く音、音、体


償え清く永遠に
まだだ


シュプレヒコール
掻き消すひとつの怒号


「道は一つしかない
わけじゃねぇ」って

妥協で道そらす
並なことはしないで


「君には早いこれで十分」って
見もしないくせに
僕の何がわかってるの?

夢 壊して
自分のことだけ見てるんだろ?

「前向け現実を見ろよ」
否定ばかりしてないで
なにか始めたらどう?

だめ だめ だめ だめ なんて
正しい定理に乗って


ぶち抜け心前出して
だから


半端な人間
渡り歩けハーフウェイ


希望も見えない星に乗って
みんな一人二人と罪犯してく

落ちてく奈落の最下へ


手のひら返す偽善者に
僕の思いを込めた歌を届けるよ

最低な言葉綴った


空を眺めてんだ
風が冷たくたって真っ青な色の

君も同じ様に
アレがこうなったって
変わりゃしないんだ

冷たくなっちゃって
後悔も流されて苦に塗れて れて

そう、これが僕だろう
戦わずに逃げる法則に背を向けて


散々苦しんだよ

ニコカラ

・管理人製

管理人の一言

ピアノが印象に残る一曲。

思いの丈をぶち当てた曲です。