藍と哀と – 楽曲情報




動画


楽曲情報

深海象 ニコニコマイリスト
twitter
LUMi LUMi オフィシャルサイト
ちびろぅ twitter
ドラム ふゅーじょん twitter

歌詞

淡く光る星


空から零れ落ちた月


指でなぞって
混ざり合った光

冷たい感覚だけが
私を満たしてくれる

思い出せないのは
忘れたいから?

逃げ出してしまえば
笑えるかな


心が張り裂けそうな 熱情に
溺れてしまうから

私は弱さを隠した
泣いてしまいそうな夜だった


指でなぞった
否定された言葉

騒つく感覚だけが
部屋を埋め尽くしてる


愛が欠けて
哀に笑う

相を染めて
藍へ変わる

もがいては落ちて
落ちていく


心が壊されそうな 劣情に
飲まれてしまうから

私は脆さを笑った
消えてしまいそうな夜だった


大切なもの達は
両手から零れていく

もっと強くなれたら
優しくなれたのなら

あの日の愚かさを
変われないもどかしさを

幼さの所為だったと
笑っていられたのかな

心が張り裂けそうな 熱情が
哀を飲みこんで

私は涙を拭った
落ちた月が綺麗だった

藍が光と混ざって
熱情を溶かしてくれるから

私はまた笑えるんだ
後悔を胸に誓いを立てて

指でなぞる
水面揺れて

光る波が
綺麗だった

ニコカラ

まだありません・・・

管理人の一言

夏の終わりの一曲。

晩夏の寂しさ(風情)を感じる曲です。