心臓 – 楽曲情報




動画


楽曲情報

buzzG ニコニコマイリスト
twitter
初音ミク 初音ミク V4X 販売ページ
動画 meola
ピアノ 松岡美弥子 twitter
ベース Kei Nakamura twitter
エンジニアリング 友達募集P twitter

YouTubeはこちらから

off vocalはこちらから ※要注意事項確認(リンク先歌詞ファイルより)

歌詞

心臓がいま
どくり どくり

「それだけでいい。」
って言うけど

生きながらに死んでるのと
何が違うのかな

街灯の下
ふわり ふわり

君はとても
優しい人だったよな

そんな灯りが
眩しかった

死んだあとも
必要とされる君がいて

生きていても
透明な僕がいて

君みたいに思えないや
胸の奥が苦しくなる


消えてしまいそうなその音が
今ほら、聞こえたんだよ

それだけでもう それだけで
命が震えてしまうよ

思い出さえ汚してしまうような
星一つない夜に飲まれても


手のひらが
あつい あつい

「嬉しくてもう
涙が溢れちゃうよ。」

そんな言葉が
理解できなかった

死んでるように生きること
それが怖いのに

死にたくないから
生きている

僕は僕を許せないよ
生き方さえ選べなくて


ろくでもない今日が過ぎるたび
まだ まだ 歌っていいんだって

思い出していいんだって
君のすべてを


この綺麗すぎる世界に
愛されてないこと

きっとわかってた
これからも変わらないだろう

この体だけにさ
宿っている鼓動も

代わりはいるよ
意味なんかないよ

でも、
生きててほしいんだよ

君の言葉がやけに響く
リフレインみたいに


消えてしまいそうなその音が
今ほら、聞こえたんだよ

それだけでもう それだけで
生きたい どうしようもないほど

何もかもを溶かしてしまうような
36度5分の命の音


聞いて

ニコカラ

・すめ氏

管理人の一言

存在意義を問う一曲。

生きたくないのに、生きてしまう。