ドロシー – 楽曲情報




楽曲情報

Misumi
flower
ryoga

歌詞

轟音響いたfaraway
有罪者を差し出してその祭に

逃げ出したって
泣きだしたって

怖がったって
どこにも行けない

祈る信者たちと
ジョルジュの庭
懺悔ざんげの手 最後の眼

焼けたカーテンと
錆びた鉄塔が

やけに目について
離れないんだ

ru ra ru ra ru ra
「あなたから」 ら ら

堕落した不条理に目を凝らせ
黒き詩に満ちた絶望まで

Ah
溶けて溶けて溶けて溶けて消えゆく
少女はまるで鉛のよう

素晴らしい日々と陰惨いんさんな遊戯
喜劇的に降りた神々の手

Ah
溶鉱炉から光が差す

この世は全て偽物だろう
唖々


まだ笑ってたこの街の日常
秩序だちありふれていた幻想

ただ足掻いていたこの僕の心象
傲慢ごうまんな赤い花が 咲いた

咲いた 君の頭に
may be 象徴 食らうミザリー

give me give me give me
君 君 君 君

jammy jammy jammy jammy
罪 罪 罪 業火

ru ra ru ra ru ra
「あなたから」 ら ら

ざらついた心臓に手を伸ばし
狂気的に掴めおぞましさを

Ah
消えて消えて消えて消えて流れる
少女はまるでイデアのよう

美しい絵画と陰惨いんさんな密教
幸福に満ちた偽善者たち

Ah
もう後には戻れないから

ひたすら笑みを浮かべ歩く
唖々


さぁさぁお嬢さん
手 手 手の鳴る方へ

もういいかい もういいかい
悪魔 が  囁く


ru ra ru ra ru ra
「あなたから」 ら ら

堕落した不条理に目を凝らせ
黒き詩に満ちた絶望まで

Ah
溶けて溶けて溶けて溶けて消えゆく
少女はまるで鉛のよう

素晴らしい日々と陰惨いんさんな遊戯
喜劇的に降りた神々の手

Ah
溶鉱炉から光が差す

この世は全て偽物だろう
唖々


唖々


唖々


唖々


Ah...

ニコカラ

・みず氏