チョボクレ道成寺 – 楽曲情報




動画


楽曲情報

ダン吉 ニコニコマイリスト
twitter
初音ミク 初音ミク V4X 販売ページ
桜丸 ニコニコマイリスト
twitter
pixiv

YouTubeはこちらから

歌詞

花のほかには松ばかり
花のほかには松ばかり

暮れ染めて鐘や
響くらん


やれやれやれやれ
ちょぼくれちょんがれ

そもそもわッちが
べろべろのにョろにョろ

にョろにョろのべろべろと
大蛇になった

いわれ因縁
コレ聞いてもくんねえ


しかも十四のその春はじめて
一泊とまりのその又とまりの

いっちくたっちく
安珍どんのお坊さんとちょぼくり

色のいの字の
味を覚えて


裏のかみさん
向こうのおばさん

お松さんにお竹さん
松茸さんに干瓢かんぴょうさんと


辺り次第に近所のうわさに
なった揚句あげくが 男に捨てられ

ヤレヤレ畜生め
そこらでやらかせ

れんくだに
アララかかって

うちに片時おいどもすわらず
「ただじゃおかねェ」


「いかしちゃおかねェ」
なんのかのとの

大蛇の姿で寺に追い詰め
隠れた鐘ごとメラメラと

「エェ 焼きました」
ト、トトトト

其の時は


花の姿の乱れ髪
花の姿の乱れ髪

思えば思えば
恨めしやとて

竜頭りゅうずに手を掛け
飛ぶよと見えしが

引きかついでぞ
失せにける

ニコカラ

まだありません・・・

管理人の一言

妖しい曲調の和テイストな曲。

歌詞は長唄「京鹿子娘道成寺」の内容を表している。